トレーディングカードゲームの共通点カテゴリの記事一覧

トレーディングカードゲームの共通点

トレーディングカードゲーム
ほとんどのTCGトレーディングカードゲームには、上述した販売上の共通点のみならず、ゲーム上にもいくつかの共通点がある。

ターン制のシステムを用いとる。
これにより各プレイヤーはオノレの番に、決められた回数、決められた順番で行動を起こすことになる。

カードを使用するためには、ある制限事項をクリアする必要がある。
たとえんすれば、『マジック:ザ・ギャザリング』では「マナ」、『ポケモンカードゲーム』では「エネルギー」と呼ばれる要素である。
強力な効果を持つカードほど、より強い制限がかかっとる。

点数システム(『マジック:ザ・ギャザリング』における「ライフポイント」や『ポケモンカードゲーム』における「サイドカード」やらなんやら)があり、これによって最終的な勝利条件や1ゲームにかかる時間が決まる。

呼称こそ異なる場合が多いが、トランプ等と同様「場」「手札」「山札」「捨て山」と呼ばれる能書きが各プレイヤーごとに存在する。

TCGトレーディングカードゲームは広い年齢層に楽しまれとるので、中年の専門家と十代の少年が好きなTCGトレーディングカードゲームについて活発な会話をする状況も頻繁に見受けられる。


・ コンピュータゲーム
TCGトレーディングカードゲームはコンピュータゲームにも影響を与えとる。
TCGトレーディングカードゲームを再現したゲームはコンピュータゲームのジャンルの一つとして認められつつある。

実際に存在するTCGトレーディングカードゲームがコンピュータゲーム化されたり(『マジック:ザ・ギャザリング』、『ポケモンカードゲーム』)、コンピュータゲームオリジナルのTCGトレーディングカードゲームが登場したり(『カードヒーロー』)、TCGの要素を他のジャンルに融合したタイプのゲームも登場した(『カルドセプト』、『ファントムダスト』)。
また、当初は漫画に登場したオリジナルのTCGトレーディングカードゲームがコンピュータゲーム化され、さらに実際のTCGトレーディングカードゲームとして発売されるケースもあった(『遊戯王デュエルモンスターズ』)。

TCGトレーディングカードゲームにおいて、カードの効果はルールに従って厳密に適用されるため、コンピュータプログラムとの相性はええと言える。
複雑な効果が組み合わさった場合、対戦者同士で効果の適用について揉めたり、さらには公式大会においてすら判断が割れる場合もあるが、プログラムに判定を委ねることで公正に処理できる。
カードの整理や、卓上に展開する手間もコンピュータ上なら容易に解決する。
半面、プログラムされた以外の遊び方が出来ない、新シリーズのデータを追加することが困難(これはオンライン化で解決可能)やらなんやら、TCGトレーディングカードゲームならではの遊びの幅を狭めてしまうちう欠点もある。

無論、手元に現実のカードが残りまへんので、コレクションするモチベーションも低い。
せやけどダンさんきょうび、コレクション部分を意識したオンラインTCGトレーディングカードゲームで、ゲーム内で手に入れたカードをプレイヤーの手元に郵送する会社もできたぇ。
逆に、パスワード等を用いて、現実に手に入れたカードをゲーム内に出現させるケースもあったぇ。
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。