トレーディングカードゲーム分析カテゴリの記事一覧

トレーディングカードゲームについて

トレーディングカードゲーム
それぞれがオノレのメンコやベーゴマを持って対戦しとったによって、強いメンコやベーゴマを持っとる子は、それだけで自慢やったぇ。
むしろ両者の違いは、トレーディングカードゲームがTVゲームをベースにしとるトコだよね。
そこには、物語があり、ルールや戦術もかなり複雑である。

「マジック」のカードに添付されとるルールブックは九0頁もある。
まるでTVゲームの攻略本のようだよね。
ゲームセンターのゲーム機も対戦型が増え、インターネットを利用して対戦するネットワークゲームも次第に人気を集めつつある。
ほんで、コンピュータ相手ではなく、人間同士がコンピュータ上で戦うバトルゲームのリアリティは、次第にコンピュータの外の世界まで浸食し始めとる。
その結果、子供衆たちの遊びの世界は、次第にコンピュータゲームをコピーしたものへと移り始めとるのである。

『少年ジャンプ』(集英社)で連載中の高橋和希の「遊戯王」にも登場し、わっちらの言葉 版は発売一0ヶ月で一億枚以上、全世界では二0億枚以上を売り上げ、世界大会も開催される「マジック・ザ・ギャザリング」。
こなたの流行は、現実の世界や物語の世界をシミュレートしたはずのメディアの世界、架空の世界が、逆に現実の世界を規定し始めた兆候なのかもしれへん。

トレーディングカードゲーム

トレーディングカードゲーム
TVゲーム世代を中心にトレーディングカードゲームと呼ばれる対戦型のカードゲームが流行しとる。
たとえんすれば、任天堂の携帯ゲーム「ゲームボーイ」用ソフト「ポケットモンスター」(通称ポケモン)のトレーディングカードゲームは、昨年一0月の発売以来、二二五万セットを販売しとるちうわ。
その他、トレーディングカードゲームには幾種類もあるが、一番人気があるのが「マジック・ザ・ギャザリング」(通称マジック)である。
米国でブームになり、それが本朝に波及し、昨年四月にはわっちらの言葉 版も発売されたぇ。

「マジック」は、魔法使いの決闘を再現したトレーディングカードゲームであり、対戦する二人が魔法使いになり、架空の生き物や魔法を使って相手を倒すちうゲームである。
お互いに最低四0枚のカードを持ち、そこから七枚のカードを引き、順番に残りのカードを一枚ずつ引きながら攻守を繰り返すぇ。
カードには、攻撃力と防御力が数字で表示されていて、対戦相手のライフ(生命点)二0をゼロにすれば勝ちとなる。

ただ、これらのトレーディングカードゲームは、カードを追加購入する必要がある。
たとえんすれば、「ポケモン」のトレーディングカードゲームには六八種類のモンスターカードがあるが、最初に購入するセット(六0枚、一三00円)には、二十数種類のモンスターしか入っておらへん。
ほんで、子供衆たちはより強いカードを求めて拡張パック(一0枚、二九一円)を買い続けることになる。

「マジック」にいたっては、千種類を越えるカードがあると言われとる。
ゲームの勝敗は、より強いカードを購入するための資金力によって左右されることになる。
「戦う前に勝負がついとるようで面白くない」「昔の遊びの方が夢があった」と思う人もあるやろうわ。
せやけどダンさん、わいたちが子供衆の頃に遊んだメンコやベーゴマもみんな同じではなかったか。
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。