トレーディングカードゲームの説明

トレーディングカードゲームの説明

トレーディングカードゲーム(Trading Card Game、略称TCG)(以下TCG)とは、トレーディングカードとして販売されとる専用のカードを用いて行うカードゲームを言うわ。
ようけは対戦形式の2人プレイである。
英語圏では一般的にコレクタブルカードゲーム(Collectable Card Game、略称CCG)とも呼ぶ。
他にカスタマイザブルカードゲーム(Customizable Card Game)ちう名称もある。

トレーディングカードゲーム大体のトコロ
TCGトレーディングカードゲームは普通のカードゲームと異なり、各プレイヤーが自由に、せやなかったらルールに則して組み合わせたカードのセット(「デッキ」と呼ぶ)を持ち寄り、2人以上で対戦ゲームをする。
原則としてデッキは個人のものであり、持ち主が異なるカードやデッキを、遊ぶときに混ぜることはない。

詳細は後で述べるが、一つのトレーディングカードゲームは百種類以上のカードが存在するのが通例である。
さらに後に追加発売されるカードによって規模は大きくなる。
一般に、後から販売される追加のカードを加えることにより、プレイヤーがまえよりも有利となるように構成されとる。
強くなるためのモチベーションとなる大会も定期的に開催される。
こなたのため、プレイヤーは発売されるたびに新たなカードを収集する。
ほんで、集めたカードを使って出来るだけ強くなるようにオノレのデッキを作り、またそれを用いて対戦相手を打ち負かすぇ。

TCGトレーディングカードゲームのようけはカードにレアリティ(希少度)の段階を設けとる。
主にゲームの根幹となる基本的な効果の役割を割り当てられたカードの希少度は低く、ゲーム内において効果の高い、せやなかったら複雑な効果を持つカードの希少度は高い。
こなたのように、ゲーム性と収集とを結びつけたシステムはショーバイ的な上々吉に多大な可能性を示し、後述の『マジック:ザ・ギャザリング』のように複雑なルールを設定し、国際競技が行われとるものもある。
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。